Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  RSS  Source  Login

RakeUserGuide - CommandLineInvocation Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

//CommandLineInvocation
//2. Command Line Invocation
//2. コマンドライン

//!2.1 Usage
!2.1 使い方
//Rake is invoked from the command line using:
Rake はコマンドラインより実行されます。

% rake [options ...]  [VAR=VALUE]  [targets ...]

//Options are:
!!オプション(options)

!!!name=value
//Set the environment variable name to value during the execution of the rake command. You can access the value by using ENV[’name’].
rake コマンドに適用する環境変数を環境変数を value に指定します。ENV[’name’] を用いて value にアクセスできますアクセスすることができます

!!!―classic-namespace (-C)
//Put Task and FileTask in the top level namespace
タスクとファイルタスクを、トップレベルの namespace に置きます。

!!!―dry-run (-n)
//Do a dry run. Print the tasks invoked and executed, but do not actually execute any of the actions.
実行される内容を表示しますが、何も実行されません実施せず、その内容のみを表示します

!!!―help (-H)
//Display some help text and exit.
ヘルプメッセージをヘルプを表示します。

!!!―libdir directory (-I)
//Add directory to the list of directories searched for require.
require されるディレクトリを追加します。

!!!―nosearch (-N)
//Do not search for a Rakefile in parent directories.
ディレクトリでディレクトリにさかのぼって Rakefile を探さないようにします。

!!!―prereqs (-P)
//Display a list of all tasks and their immediate prerequisites.
すべてのタスクと前提条件をそれを実施するために必要な条件を表示しますリストアップします

!!!―quiet (-q)
//Do not echo commands from FileUtils.
FileUtils 詳細なメッセージを表示しないようにします(FileUtils のメッセージを非表示にします非表示)

!!!―rakefile filename (-f)
//Use filename as the name of the rakefile. The default rakefile names are rakefile and Rakefile (with rakefile taking precedence). If the rakefile is not found in the current directory, rake will search parent directories for a match. The directory where the Rakefile is found will become the current directory for the actions executed in the Rakefile.
明示的に rakefile 名を指定します。デフォルトでは rakefile か Rakefile が指定されます選ばれます(rakefile が優先されます)。カレントディレクトリで rakefile が見つからない場合は、親ディレクトリを探します。rakefile が見つかったディレクトリは、実行時の実行時にカレントディレクトリとして扱われます。

!!!―require name (-r)
//Require name before executing the Rakefile.
Rakefile が実行される前に、require されるするファイルを指定します。

!!!―tasks (-T)
//Display a list of the major tasks and their comments. Comments are defined using the “desc” command.
主要すべてのタスクとそのコメントを表示します、リストアップします。コメントは desc で定義されますメソッドで定義します

!!!―trace (-t)
//Turn on invoke/execute tracing. Also enable full backtrace on errors.
トレースを on にします。また、エラーに関するバックトレースも on にします。

!!!―usage (-h)
//Display a usage message and exit.
使い方を表示します。

!!!―verbose (-v)
//Echo the Sys commands to standard output.
標準出力に詳細なメッセージを表示します表示するようにします

!!!―version (-V)
//Display the program version and exit.
バージョンを表示します。